School life

1学期の振り返り(Part2)【高3静修】

2019.07.23

1学期の振り返り、続いては、高3静修についてです!

 

静修は、学年ごとに年に一度、実施され、神父様のお話を聞いたり、グループ活動をしたりしながら、自己を見つめ、他者との関係を考える行事です。

中1から高2は、3学期に丸一日かけて、静修を行いますが、高校3年生は、1泊2日の日程で、静修合宿を行います。今年は、58日から59日に実施しました。

 

学校からバスに乗って1時間余り、豊かな自然に囲まれた「ユニトピアささやま」に移動し、「選び」について考えました。紙崎新一神父様から、「人生の中で出会うほんの一握りの中にあなたがいました。」というお言葉をいただきました。神父様のお話やグループごとの討論を通じて、一人一人が何を大切にして「選択」するのかを立ち止まって考える時間をもちました。

ブログ写真 高3静修.jpg
さらに、1日目の夜にクラス単位で行った「祈り」の時間には、生徒たち全員が発言し、これまで海星で過ごした時間の貴重さ、友人の大切さを再確認しました。そして、2日目の、みことばの祭儀では「アヴェ・マリア」を全員で合唱し、静かに静修を締めくくりました。
2日間晴天に恵まれ、宿舎周辺の自然も十分に楽しむこともできたようです。この2日間の体験が残りの学校生活のみならずこれからの人生に大いに役立つことを心から願っています。