神戸海星女子学院

アクセス サイトマップ プライバシーポリシー
小学校
教育理念
海星女子学院小学校の教育理念とは
理念を実現する新校舎
授業について
学校案内
募集要項
スクールライフ Elementary
学院ページへ
中学・高等学校ページへ
トップ 入学希望の保護者の方へ 資料請求

神戸海星女子学院小学校教育理念とは

神戸海星女学院小学校の教育理念

海星の目指す☆(ほし)の子教育 「☆(ほし)の子教育」とは、キリスト教精神に基づいてマリア様の生き方に学び、自らの個性・能力を生かして社会の中で光り
かがやく女子の育成を行う神戸海星女子学院小学校の目指す教育であります。
キリスト教の精神 マリア様の心 清く・明るく・豊かな心
学校像

・伝統を重んじ誇りを持てる
 学校
・規律ある学校
・安全で安心な学校
・学びのある学校

子ども像

・人のために行動できる
 子ども
・よく考え工夫する子ども
・ルール・マナーを守る子ども
・人を大切にする子ども
・知りたいことを追究する
 子ども

教師像

・子どもの心を理解し
 子ども とよくふれあう教師
・自らを鍛える教師
・ともに学び合う教師
・ともに感動する教師

☆(ほし)の子に育む5つの「かがやき」

奉仕・思いやりの心 豊かな人間関係 深い思考力 確かな知識 正しい生活習慣

海星の目指す授業作りのポイント

POINT1   全ての授業において、達成すべき「めあて」を明確にする。

思考を行うためには、「何について」 「どのようにして」考えればよいのかがわからなければなりません。そのために海星の目指す授業では、今日のこの授業で何を考え、何ができたらいいのかを「今日のめあて」として子どもたちに示します。

POINT2   考えを目に見える形にしてコミュニケーションの場を設定する。

「今日のめあて」に対して、自分の考えを明らかにしてそれを交流する場を持ちます。そのとき、自分の考えを書いて目に見える形にしていくことによって、整理することができます。
そして、考えを互いに評価し合う場を授業の中に位置づけます。互いの考えのよいところを見つけ、取り入れることによって、互いの考えを高め合います。
こうしたコミュニケーションの中で子ども同士をつなぎ、よりよい人間関係を紡いでいきます。

POINT3   話を聞くことを重視する。

他者の考えは、自分の考えを高めるための宝物であるという意識を育むためにみんなの意見を大切にします。
自分の考えを他者の考えと比べ、よりよいものにするための思考を行うためには、まず、話をしっかり聞く力が大切です。そこで、話を聞くことを重視し、正確に話を聞き取ることを指導します。

POINT4   学びを残し、次への学びへつなぐ。

自分の高まりを自覚できるように、今日の授業で学んだことの振り返りの時間を設けます。
その中では、自分の考えがどのように高まったのか、どの考えを取り入れたのかなどに加え、次に学びたいことなど新たな課題なども明らかにしておきます。
それによって、次の授業への見通しと意欲を持たせるのです。

理念を実現する新校舎
PAGE TOP↑